IT業界の転職でチェックすべきこと

未経験の方がIT業界を転職しようと考えたときにまず求人で目を見張るのは給与ベースの高さかもしれません。しかしながらこれは実態の福利厚生や休日の取得のしやすさなどを考えたときに事態に伴っているかどうかを確認しなければいけません。また、、食事の給料がそのままステップアップとつながるのかどうかも口コミや過去の転職経験者の意見を参考にしなければいけないと思います。

あらゆる業界で働き方関学が叫ばれていますが、正直なところIT企業においてはまだまだ精神的にその取り組みが進んでいるとは言いづらい状況だと思います。

ですからIT企業の求人情報のデータだけを鵜呑みにしてすぐに転職を考えるのではなく、前述の通りいかに自体が求人情報と合っているかどうかも考えることがポイントです。その上で自分自身のマッチした求人があればぜひともIT業界に転職することをお勧めしたいと思います。 給料ベースとしては間違いなく高いわけですから。

未経験者でもプログラマーになれます

IT系の仕事をしたいと思って、転職活動を行いました。
現在はプログラマーとしてIT企業で仕事をしています。
IT業界には興味がありましたし、人手不足で売り手市場ということでしたので、転職して年収をアップしたいと思い決意しました。

問題だったのはIT業界の仕事が未経験だったことです。
それまでインフラ系の会社の営業をしていましたので、IT企業とのつながりもなく、コネで転職は考えられない状況でした。
まずネット上の「転職エージェント」をチェックして、いくつかのエージェントの中から、IT系に強そうなエージェントを選び登録を行いました。
私が登録した転職エージェントは、担当者と面談をして、転職先をマッチングしてもらう方式です。
面談の時に「IT系の仕事は未経験です」と言うのは恥ずかしかったです。
しかし「そういう方は多いですよ」と担当者が言ってくれたので、それからは未経験でIT業界に転職することは珍しくないのだと、自信を持って転職活動ができました。
そして今の会社を紹介していただき、プログラマー見習いの肩書で雑用と勉強をしながら仕事を覚えて行きました。

給料をいただきながら、プログラミングを覚えることができて満足しています。これからも仕事の合間にスキルアップをし、最終的にはシステムエンジニアにキャリアアップしたいと思っています。

IT業界への転職

実際にはIT業界への転職を検討する際に同業他社へ技術者が転職する場合はわかりやすいのですが、実際には無関係の業界から、さらには技術者ではないこともあるわけです。

ではどのような心構えや準備が必要でしょうか。例えば、経理や人事のスペシャリストを目指しているような人材であれば、無関係の業界からIT業界に転職を考えたとしても、職種面から見てあまり違和感がないかもしれません。もちろん、IT業界がキャリア採用の転職者を希望する際に技術者やソフト開発者以外の職種をどれだけ採用するかによっても大きく変わってきます。

また、技術者ではなくとも営業であれば業界を問わず人脈やコミニケーションスキル、プロジェクトマネジメントのスキルを持ってみれば他の業界からIT業界に転職する際にも大きな武器になる事は言うまでもありません。

要するにIT業界が求める職種と自分のスキルがどれだけマッチしているかをきちんと把握することがポイントになるわけです。

IT業界への転職と持っていて良かったスキル

今はコンピュータ関連の仕事が人気なので可能なら転職すべきです。私は未経験でIT業界に入って色々な感情を抱きました。またIT業界では優れた人材を求めているため、それに上手く対応できるスキルが必要でした。

実際に私はIT業界への転職で役立ったスキルを持っていました。それはコンピュータ関連のスキルで趣味で続けていました。具体的には趣味で常にコンピュータに触れていたので自信があったのです。

私はこの趣味を活かしてIT業界に上手くアピールしました。特に会社側にも自分の気持や実力が伝わりました。その結果としてスムーズに転職できて問題もなかったのです。

IT業界ではとにかく個人の能力が重要な世界です。私はこの世界に入ってそれを痛感するような生活でした。また転職では求人サイトやIT業界の最新の話題を調べました。そういう努力で試験や面接も効率的に終わらせることができました。

結局はIT業界の中で専門知識を持っていると強いです。転職前にはそういう専門知識やコンピュータスキルを学ぶべきです。

ヒューマンスキルについて

IT業界について、企業としては何よりも必要な人材はヒューマンスキルに優れた人材です。特に規模が大きくなればなるほどマネジメントが難しくなり、コミュニケーションが取れないがための組織疲弊、マネジメントができる人材不足のためのプロジェクト進捗停滞といった課題を抱えやすくなります。

もちろん、一方で優れた技術者は新卒であれ、キャリア採用であれ、継続して採用することはそれほど課題になるものでもありません。

もちろん、ヒューマンスキルとITスキルがともなう、バランス型の人材が数多く採用できればよいのですがなかなかそうした人材は市場に豊富なわけではありません。

いかにして、こうしたバランス型の人材を探していくかは、現場だけではなく、中長期的に企業をかんがみた場合、経営にも大きく関わってくる大きな問題につながるわけです。

むろん、採用にかけられるコストも制限があるわけですから、非常に大きなミッションだといえるでしょう。

未経験からのIT業界への転職はやはり資格とポートフォリオ

自分の好きな仕事をする中で資格を保有する事は大変重要な事となるのです。素敵な仕事を自分で行っていく事で大変充実した時間を送っていく事ができます。素敵な時間は自分でどんどんスキルアップを図っていく事が大変重要な事となるのです。素敵な自分でいつまでもいるにはやはり資格やポートフォリオで自分の作品をある程度作ってから面接等で、自分の現有スキルを効果的にアピールする事が重要な意味を持つのです。資格はIT業界で自分のスキルをアピールするには大変重要な意味をなすのです。素敵な資格をゲットする事でより自分の現在のスキルを多くの面接官にアピールして納得や説得力のある仕事をする事ができます。できる仕事をする方はこのような方法で自分を磨いていき、多くの方から納得される仕事をする事ができます。素敵な自分らしい仕事をする中で自分のキャリアをどんどん磨いていく事ができます。素敵な自分らしい時間を送る為にはやはり素敵な人生を愉しんでいく事が十分重要な事となるのです。素敵な仕事をする中でこのような方法で素敵な毎日を送っていく事が重要な方法となるのです。自分をどんどんブラッシュアップする事が大変重要な事となるのは未経験者でも経験者でも同じ意味を持つのがIT業界共通の考え方となるのです。

 

プログラミング未経験の介護士からweb系のデザイナーへ

未経験からIT系に転職した方の体験談を紹介します。

私は元は介護士でした。介護士もやりがいなどはあったのですが、肉体的にも精神的にきつく疲弊していた自分がいました。私の転機は、以前から少し興味があったプログラマーというのを上司に話したのがきっかけでした。その上司から「今、知り合いが働いているITの会社で手伝いをして欲しいみたいだけど話聞いてみる?」と言ってくれて、IT企業でエンジニアのお手伝いをすることになりました。共に働くにつれて業界のことなど話を聞くことができ、エンジニアになろうと決心しました。それから勉強をし無事転職しました。

ここで、プログラミングは全くのど素人の私が勉強を始めて、今のwebの仕事に就くまでの流れですが、まずは入門であると言われる、HTMLから勉強しました。最初に言っておきますが、プログラミングはそんなに難しいものではありません。難しいのは「未経験の初めたての頃」と「環境設定」だけです。

まずはソフトのDLなど環境を整えるのが大変です。その次に、未経験であれば、必ず入力しても小さなミスで修正に大きな時間を取られるので大変苦労します。

ただ、そう言ったミスは最初だけでだんだんプログラミングのノウハウや慣れもでてくるので新しいことを覚えてもミスが減ってきます。新しい言語に入った時も似たような感じなので、すぐ覚えられるようになります。そうして徐々に力をつけてきたところで、仕事を見つけることができました。また、難しい顔でいやいやするのではなくて楽しんでやることも大切です。私はプログラミングで遊ぶという感覚でやっていました。また、私は通えなかったのですが、スクールに通うことも大切だと思います。自分一人で解決できないことは絶対あるし、学校にいって覚える事で達成感もつきやすいし、その時に聞ける相手がいる事は貴重です。大事な事は「教えて貰える環境」「続けること」「新しいことに挑戦すること」「楽しむこと」でした。

 

未経験からIT業界へ転職するなら

未経験からIT業界へ転職する場合、多くの企業で、「未経験者可」と書かれていることが
多いです。
しかし、未経験から、IT業界へ転職する場合、自分自身でプログラムを組むことが
可能かどうか、またこういったIT業界の知識があるかどうかということは重要であると
いえるでしょう。

未経験者が可能と書かれていても、実際に研修で一から育ててくれるという企業は
それほどありません。このため、いくら未経験とプログラムを実際に組んだことがあるかどうかは
採用面接の際には重視されることが多いですので、独学やスクールなどで学んでおく必要が
あるといえるでしょう。

また、未経験から転職をする場合、多くの場合中途採用でも年齢が若い方が有利になると
いえるでしょう。年齢と問わずと書かれていたとしても、25歳までの第二新卒を求めている
企業が多いですので、あまり年齢が高いと不利になってしまうということを事前に
知っておく必要があるといえるでしょう。

転職前に確認できればいいけれど

IT業界と言っても、求められるスキルは千差万別だと思います。
私は、未経験でシステム運用の会社に入社しました。
面接の際、未経験の方々を積極採用していると伺いましたが、実際に入社してみると、知識の豊富な方も、資格を持っている方も、たくさんおられました。
運用に専門知識は必要ないと言われましたが、代わりに、入社後、独自のシステムの教育を受けました。
出来る範囲がきっちり決められており、故障対応も、確信部分は、専門のシステムエンジニアの方がされており、私達はその他の雑務でした。
知識を吸収し、より高い資格、より高い知識を求める方は、面接時に、確認をしておいた方がいいと思います。
独自のシステムを覚えても、転職してしまえば、またゼロからということにもなりかねません。
実際に、私のいた会社は、勉強は自分でしてもらい、資格を取っても、給与に反映されませんという会社でした。
実務に必要ではないからです。
IT系の資格が必要ないとは、そういうことかと後からわかりました。

未経験からの転職(採用者目線で)

未経験であれば、今までの職歴を振り返って、IT転職で活かせる分野を見つけましょう。例えば、営業職であれば、人との交渉能力が良いと思います。技術者は多少なりとはいえ、人と話すこともあります。例えば、納期にどうしても間に合わない時は、お客様と交渉する必要があります。中には、そう簡単には納得できないお客もいるかと思います。そんな時には、予算の交渉等をする必要もあります。実は営業スキルがあれば、IT技術者としても役に立つことも多々あるのです。

また、システムエンジニアになると、お客と打ち合わせをして、開発するシステム内容を決めることもあります。お客さんが何を望んでいるかと察知するコミュニケーション能力が問われてきます。それを文書化して他の技術者に渡すというケースもあります。なので、システムエンジニアに転職するには文系的な能力を問われることも多々あります。

なので、ITと全く関係の無い仕事をされてきた方でも充分に活躍できる見込みはあります。