IT業界での転職はプロジェクトの実績をアピール

IT業界は日本だけではなく世界で急激に成長しており、求人の数も非常に多くなっています。しかし専門的な知識が求められる仕事のため、誰でも挑戦出来る訳ではない特徴があります。IT業界での転職を目指すには、ブランクがあっても、少し経験が足りなくても、過去のプロジェクト経験をアピールする事で、採用を勝ち取る事が出来る可能性があります。特に過去に新たなシステム導入の経験がある、システムの大幅なアップデートの経験がある、といったプロジェクト経験を一つの経験値とし、履歴書や職務経歴書に書きアピールしてみましょう。人材が枯渇していると言われるIT業界のため、少しでも経験した事がある人であれば採用されるケースもありますし、またプロジェクトに参加出来るケースもあります。新たな場所で新たなプロジェクトを担当する事で、また一つ書類に書き込める内容が増え、次の転職にも役立てる事が出来るでしょう。今後さらに競争が激化するIT業界において、経験は非常に重要なスキルとなっていく事でしょう。

IT業界でも働き方の多様化

働き方改革や仕事の多様化などという言葉が耳に届くようになってきたものの、あまり実感が無いという方も少なくはナイト思います。当然、仕事をしなければいけないことは変わりなく、どこがどう画期的になっているのかはわかりにくいものですが実際に様々なシーンで働き方は変わってきつつあります。例えば、IT業界は働き方の多様化が一番進んでいる職業です。情報やネットを活用した職業なので勤務時間や内容も幅広く、従来の概念に縛られることも少ないことがその要素のひとつです。会社の方針や一緒に働く人達、扱う内容によってスタイルが変化するのもその特徴です。過去に勤めていた会社で上手くいかなかったことや、課題だったこともIT関連の仕事をする上では問題だと感じることも軽減されるかもしれません。より自分らしく、能力を発揮しながら働くことができる業界としても人気です。続けることで更なるスキルアップも可能ですし、携わっているジャンルに応じて資格などを検討してみても良いかもしれません。

ブランクがあっても大丈夫

私はIT業界でマネジメント職を担当しております。私は2007年に中途で今の会社へ入社しました。仕事柄、中途入社の方や協力企業の方へ採用面談を行うことも多く、今まで100人以上の希望者の面談をしてまいりました。私がまず面談の際に重要視する事は、その方が良好なコミニケーションをとることができるかどうかです。もちろん事前に職務経歴書を拝見させていただきますが、実際に会ったときに対人コミニケーションの不備で採用にならなかったことが多く、まずはその人の人柄人物像をじっくり見るように心がけています。そもそもIT業界で必要なスキルと言うものは技術スキルであり、1種の特殊技能です。そのため一般派遣等とは違い、ベースとなる給与も水準が比較的高く設定されています。特に現在は人員の確保が非常に困難になっているため、ブランクがあったとしても多少のIT業界での経験があるのであれば採用になる可能性は非常に高いと思います。

そもそも転職に不安はあるもの

IT系企業への転職に関して皆さんとても不安を感じておられる方が多くいるようです、そして自分のスキルで転職した会社に入っても通用しないのではないか、周りの人達はまるで違う人種で上手くとけこめないのではないかなどといった不安を思い巡らせる為、一歩前進ができない人がほとんどだと思います、確かに企業によってはまるでスキルが足りなくて上手くとけこめない企業も中にはあるかもしれません。

しかし、ここでよく考えてみてほしいことがあります、そもそも転職を自分がするにあたり、不安を抱かない人間なんていないということですです、人間は皆、何か新しく行動をするときには大なり小なり不安を感じていると思います。例えば、料理の経験が豊富な調理師さんがいたとします、この人が転職をして他の飲食店へ行く事になっても、いままでやった事のない仕込みや調理方が必ずあるのでやはり転職に関して同じようにとても不安を感じることと思います。なので不安なのは仕方がないことと諦めてまず一歩を踏み出すことが必要だと思います。

IT系企業への転職は未経験者でも期待できる

新卒者の希望する業種でもランキングされるのが、IT系企業です。
しかし、不安に思うのは、かなり専門的な知識や経験が求められるのではないかということ。
しかし、決してそんな心配はありません。
IT企業の職種の中には、確かに高度な専門的スキルを求められるシステムエンジニアやプログラマーという職種もあります。
しかし、彼らも元々は理系出身ではなく、学生時代に専門外の専攻をしていた人が数多くいます。
しかし、会社に入社して研修を受けるだけでなく、自己学習やセミナー受講等を経て、エンジニアとして働いている人も少なくありません。
また、中高年の人でも,全くITリテラシーが低くても、仕事進め方等は今までの経験則でカバーしながら、頑張っています。
もちろん、その間も自己のスキルアップは、自己研修や勉強で上げています、
それでも、しっかりとIT企業で実績を作ることができるので、決して諦める必要はないのです。

未経験からのIT転職

私は現在IT系企業に勤務していますが、前職はアパレルで販売の仕事をしていました。そんな私が未経験のIT企業に転職できたのは、採用担当者の方に自分の熱意を伝えることが出来たからだと思います。熱意といってもただ元気よくハキハキと話す、ということではありません。もちろんそれも大事ですが、ここでの熱意というのは、なぜ未経験であるIT企業に転職しようと思ったのか、これから自分は何をしていきたいのか、自分を採用してくれたらこんないいことがある、といった具体的なビジョンを伝えることです。そもそも未経験で応募して面接まで通っている時点で、採用側はこの人はIT分野に関しては何もできない未経験者であることは分かったうえで、内面や人となりを実際に見てよさそうであれば採用したいという気持ちになっています。そこでいかに担当者を納得させられるかで合否か大きく変わるのです。IT系企業への転職は異業種からだと挑戦する前からあきらめてしまう人が多いと思いますが、未経験でも十分にチャンスがあるので、まずは行動を起こすことが大切だと思います。

未経験者やブランクがあってもIT業界では採用している

IT系への転職は未経験者やブランクのある人には、募集が少ないとか自信がないといった感想を持つ人が多いのではないでしょうか?
それだけ、ITという業界が専門職のイメージが強くて、転職のチャンスも少ないと思ってしまうのも無理はないのかもしれません。
実際にIT業界は営業やコンサルタント、SE、サポートエンジニア等の様々な職種があって採用する際は、経験者の採用が8割程度といった現実です。
しかし、世の中の流れが進化していく中、IT技術も更に進化してきていますから、人員がそこに追いついていないのが現状で、この業界では以前から人員不足といった課題があります。
あなたがまだ20代であれば、たとえ未経験者であってもこれからの可能性を期待して採用されるチャンスは十分にあります。
IT業界へ転職すれば、当然専門的な用語や知識を求められますが、若ければ周りのレベルにいち早く追いつくことも可能です。
会社側もそうした伸びしろを期待して採用するわけですから、本人の努力次第で経験を積めば十分に活躍できるはずです。

新人未経験でもすぐできるIT企業の仕事はあるの?

IT企業はシステム開発部門など、特殊なプログラミングの知識が必要な行動な仕事もありますが、実は新人で未経験者であってもすぐに始められる仕事も用意されています。
一番手っ取り早く仕事を覚えられて、特殊な資格も要らないITの業務といえば、コールセンターでのサポートやヘルプデスクが挙げられます。この仕事は製品のユーザーからの電話・メールからの問い合わせや苦情を受け付けたり、問題の特定をしたりといった業務内容になります。ここではマニュアルをよく読んで覚えることで、対応がスムーズになります。
製品のテストや評価をする仕事も、未経験からでも出来る業務です。ここでは製品がきちんと動くかどうかをマニュアルに沿ってチェックをし、問題点を見つけて報告する事が必要になります。
こうしたIT企業の仕事について右も左も分からなくても、研修を受けることによって、専門知識も身につけることができます。ひとまずは研修がある求人を探すことによって、IT企業での不安は払拭できるでしょう。

初心者でもIT企業で活躍できる

人気のある職種として、IT企業が挙げれますが、パソコンなどしかやったことがなく、自分でもやっていくことが出来るのか不安であると言う人も多いのではないでしょうか。興味のある職種や憧れの仕事として上位に入っているIT企業ですが、実は介護職などと同様に、人手が足りない職種ともなっているのです。その背景には、急速なITの需要に比べて、IT企業で働くことを目指す人が足りていないというのが現状となっています。
IT企業で働くためには膨大な知識が必要だと考える人も多いのですが、IT企業の仕事というのは様々であり、パソコンなどを使ったことがないという人でも出来る仕事というのも実は多数あります。IT企業の求人において、初心者歓迎の文字があれば、詳しくない人でも作業は可能である場合が多く、IT企業で働くのを夢見ていても、自分には出来ないのではないかと考えている人でも働くことは可能です。どの仕事もみんな初心者ですので、安心して働かれてください。

IT系仕事未経験でも転職は成功するでしょうと思う理由

IT系の仕事を実際にしてみると驚くことのひとつといえば、意外と専門学校卒が少ないということですね。もちろん一概に言えないところはありますけれど。
私がいた結構大きなシステム系の会社の場合、文系の4年生大学卒業した人も結構いましたからね。そして最初は別ジャンルにいたものの最終的にはシステム開発の部署に配属されて、プロジェクトチームのリーダーをやっていたりしますので。
そして、転職組みにしましても「実は文系学科卒です」という人は結構いますから。ですから何を言いたいのかと言いますと、「他分野からのIT系の仕事への転職であっても大丈夫でしょ」ということです。ただし「若さ」は必要であると思いますが。
若さがあれば、たとえこれまでIT系の仕事は未経験であったとしても1年もすればさらにステップアップ転職ができるほどに鍛え上げられていることもよくあることですから。もちろん本人の自助努力は必要ですけれど。
そしてだからこそ、「IT系の仕事に就くためにまずは学校へー」という逃げ道(私のイメージでは)ではなく、現場へと飛び込んでくださいと思うわけです。はっきり言って若さがあれば現場で学ぶ方が習得できるものですから!