未経験からの採用(フリーターから)

未経験者がIT転職を希望していて、仮に定職歴の無いフリーターだったとします。
年齢が30を超えていると正直厳しいですが、20代であれば可能性はあります。

経験が無いのであれば、なぜIT職に興味を持ったのかを問われるケースが多いです。日常生活でPCを使っていたとか知り合いの人がIT企業に勤めていて、話を聞いて興味を持ったとか色々なケースがあると思いますので、自己分析してみましょう。

あとは、自分の能力がIT職にどう活かせるのかがポイントとなります。これは未経験で職歴が無いので、難しいところですが、今までの人生を振り返って、探してみて下さい。

フリーターであれば、アルバイトで一生懸命に頑張ったことを思い出してみて下さい。例えば、接客業して喜ばれたケースとか自分で自慢できることを思い出してみて下さい。

その中でIT職に関わることを見つけることが大事です。もし、PC関連のアルバイトをした経験があるなら、PCの使い方を知っていることをアピールするだけでも印象は大分違ってきます。

面接の際にはとにかく熱意をきちんとアピールする事

未経験でのIT業界のでの面接ですが、自分の好きな事をいかにして行っていけるかどうかを考える事は大変重要な事となるのです。素敵な毎日を送っていけるかどうかを考える事は大変重要な事となるのです。普段からIT関連の仕事を行っている中でいかにして最適な方法で自分をアピールするかは大変重要な事となるのです。転職では自分の仕事に対する熱意を徹底的にアピールする事が大変重要な事となるのです。普段から自分の仕事をいかにして楽しんでいけるかは新しい環境でいかにして自分らしく楽しんでいけるかどうかを考える事が大変重要な事となるのです。普段から自分で意欲的に新しい知識をどんどん意欲的に学習を行っている事をアピールする事をアピールする事で多くの方から必要とされる人材となるのです。素敵な仕事を行っていけるかどうかは新たな環境で自分のそれまでの経験をアウトプットを行っていきながら、新しい環境で新たな学習を行っていく事と大いに関係があるのです。自分らしい学習をいかにして楽しんでいけるかどうかを考える事は大変重要な事となるのです。

専門知識よりまずは人としての基本

IT業界にて働きたいと思う学生が多いのが昨今の就職状況です。会社が思っている常識と学生が考えている常識の違いが昨今問題となっています。会社側が当たり前と思われている事が出来ない学生の多い事に職場側はビックリされる事が多いと聞きます。難しい事は就職後に勉強すればいいので職場はそこまで難しい事は要求していません。しかし、基本的な事ができない学生が多いです。まずは挨拶ができない。「おはようございます」や「さようなら」などの言葉がでません。体育会系の学生が喜ばれるのはそこが普通に教育されているので問題はでにくく、就職時に喜ばれたり採用されやすくなります。就職してきてそのような基本的な礼儀ができなければ、一々そのような事を教えなければいけないという事で時間の無駄になってしまいます。スマホとコンピューターを使えるとの事で使わせてみると、自分の遊びのために使うだけで後のビジネス上の事は出来ず、文章を作成させたり、計算をさせたりしてもいつまでたってもできない人が多いのが実際です。できないのならできませんと聞けばいいのに、聞くと怒られると思っているのか聞かずにいつまでもできていないという状況。そのような基本的な部分をまずできるようにして就職や転職を考えるべきです。明るく、はきはきした清潔な子が欲しい会社がどの業界でも欲しいというのは、会社としては働き始めてから教育していけばいいと考えているからです。IT業界でも同じで、専門的な知識をもっている人も欲しいですが、そのほかの業務もあります。外回りの営業や事務仕事などもIT業界でも存在します。まずは、最低限と考えられるような礼儀や作業ができるようにしましょう。後は自分をはっきりアピールして、会社が必要とされる人間と思わせるようなプレゼンができるようにしておきましょう。できれば他の人ができないような特技を身につける事も就職に有利になります。普通の人は業界的にはあまり必要とされていませんのでご注意を。

IT業界への未経験での就職や転職でも技術だけではないという事です。

IT業界ではやる気を重視している

情報化が急激に進展している現代社会において、IT業界はまだまだ伸び盛りの業界と言えます。ですから、IT業界への転職を考えている方もいるでしょう。しかし、ITに関するスキルが低いので転職に躊躇している人もいるかもしれません。確かにIT業界で仕事をするに当たってスキルは高ければ高いほど良いと思います。応募したときに採用される確率も格段に高くなると思われます。しかし、スキルが無いと絶対に採用されないというわけではありません。やる気がある人材であれば、スキルは入社してから見につけてもらっても良いと考えている会社は結構多いものです。求人票に初心者歓迎と書いていたりしますが、あれは本当にIT業界では初心者でも採用することはあるという意味で文字通り受け取っても良いでしょう。ただし、年齢が高齢だったりすると、スキルが無いと難しいのが現実。IT初心者でも採用されるのは比較的若い人だという点は理解しておく必要があります。

コミュニケーション力も大事です

まずIT業界と聞いて誤解されがちなのが、
「ひたすらプログラムだけやるんでしょ」というもの。
確かにそういうものもありますが、現状で大手ベンダーの
開発はオフショアなども多く、プログラムだけというものは
あまりありません。
そもそもプログラムを作るとしても、要件確認、設計書作成、成果物のレビューなどお客様とお話しする場面が多々あります。
そのため、コミュニケーションスキルは重要になります。
前置きはこの辺にしてIT業界の業務内容ですが、
ざっくり大きく分けると開発と保守にわかれます。
名前のとおり開発は新規作成、保守はメンテナンス。
新規作成の場合は発注するお客様のスキルも重要で運が悪いと残業時間が膨れ上がりデスマーチ、ということもあります。
後者のメンテナンスはその可能性が低いので転職では好まれる傾向にあります。
お客様の業務内容によりホスト(汎用機)メインだったりオープン系(Javaなど)必要スキルは変わりますが、契約時にある程度選択できるので初めにはっきりと希望を言えば考慮してもらえると思います。

IT業界に転職する際の準備と注意

若いうちに一度はIT業界で働いてみたいと考える方は多いです。特に、若い方であればIT業界は華やかな仕事というイメージを持っている人も多いですが、地道にやらなければならない仕事も多く、転職時にはしっかりと準備や専門知識を持っておく必要があります。特に、転職をするのであればプログラミングやデザインのどちらかの知識を持っていれば、内定を勝ち取れる可能性が高くなります。IT業界では、即戦力を求めている企業が多数あるため、専門的な知識や経験を持っている方は転職が行いやすいです。もし、IT業界の転職が初めてなのであれば、初心者歓迎をしている企業という方法もありますが人気のある業界でもあるため、IT業界の中で自分の仕事を生かせる仕事から就いてみることも一つの方法です。転職するのであれば、IT企業の場合は即戦力もしくは若い人を積極的に採用する傾向にあるため、働きたいと思っているのであれば、すぐに行動に移す必要があります。