コミュニケーション力も大事です

まずIT業界と聞いて誤解されがちなのが、
「ひたすらプログラムだけやるんでしょ」というもの。
確かにそういうものもありますが、現状で大手ベンダーの
開発はオフショアなども多く、プログラムだけというものは
あまりありません。
そもそもプログラムを作るとしても、要件確認、設計書作成、成果物のレビューなどお客様とお話しする場面が多々あります。
そのため、コミュニケーションスキルは重要になります。
前置きはこの辺にしてIT業界の業務内容ですが、
ざっくり大きく分けると開発と保守にわかれます。
名前のとおり開発は新規作成、保守はメンテナンス。
新規作成の場合は発注するお客様のスキルも重要で運が悪いと残業時間が膨れ上がりデスマーチ、ということもあります。
後者のメンテナンスはその可能性が低いので転職では好まれる傾向にあります。
お客様の業務内容によりホスト(汎用機)メインだったりオープン系(Javaなど)必要スキルは変わりますが、契約時にある程度選択できるので初めにはっきりと希望を言えば考慮してもらえると思います。

IT業界に転職する際の準備と注意

若いうちに一度はIT業界で働いてみたいと考える方は多いです。特に、若い方であればIT業界は華やかな仕事というイメージを持っている人も多いですが、地道にやらなければならない仕事も多く、転職時にはしっかりと準備や専門知識を持っておく必要があります。特に、転職をするのであればプログラミングやデザインのどちらかの知識を持っていれば、内定を勝ち取れる可能性が高くなります。IT業界では、即戦力を求めている企業が多数あるため、専門的な知識や経験を持っている方は転職が行いやすいです。もし、IT業界の転職が初めてなのであれば、初心者歓迎をしている企業という方法もありますが人気のある業界でもあるため、IT業界の中で自分の仕事を生かせる仕事から就いてみることも一つの方法です。転職するのであれば、IT企業の場合は即戦力もしくは若い人を積極的に採用する傾向にあるため、働きたいと思っているのであれば、すぐに行動に移す必要があります。