IT業界への転職と持っていて良かったスキル

今はコンピュータ関連の仕事が人気なので可能なら転職すべきです。私は未経験でIT業界に入って色々な感情を抱きました。またIT業界では優れた人材を求めているため、それに上手く対応できるスキルが必要でした。

実際に私はIT業界への転職で役立ったスキルを持っていました。それはコンピュータ関連のスキルで趣味で続けていました。具体的には趣味で常にコンピュータに触れていたので自信があったのです。

私はこの趣味を活かしてIT業界に上手くアピールしました。特に会社側にも自分の気持や実力が伝わりました。その結果としてスムーズに転職できて問題もなかったのです。

IT業界ではとにかく個人の能力が重要な世界です。私はこの世界に入ってそれを痛感するような生活でした。また転職では求人サイトやIT業界の最新の話題を調べました。そういう努力で試験や面接も効率的に終わらせることができました。

結局はIT業界の中で専門知識を持っていると強いです。転職前にはそういう専門知識やコンピュータスキルを学ぶべきです。

転職前に確認できればいいけれど

IT業界と言っても、求められるスキルは千差万別だと思います。
私は、未経験でシステム運用の会社に入社しました。
面接の際、未経験の方々を積極採用していると伺いましたが、実際に入社してみると、知識の豊富な方も、資格を持っている方も、たくさんおられました。
運用に専門知識は必要ないと言われましたが、代わりに、入社後、独自のシステムの教育を受けました。
出来る範囲がきっちり決められており、故障対応も、確信部分は、専門のシステムエンジニアの方がされており、私達はその他の雑務でした。
知識を吸収し、より高い資格、より高い知識を求める方は、面接時に、確認をしておいた方がいいと思います。
独自のシステムを覚えても、転職してしまえば、またゼロからということにもなりかねません。
実際に、私のいた会社は、勉強は自分でしてもらい、資格を取っても、給与に反映されませんという会社でした。
実務に必要ではないからです。
IT系の資格が必要ないとは、そういうことかと後からわかりました。

コミュニケーション力も大事です

まずIT業界と聞いて誤解されがちなのが、
「ひたすらプログラムだけやるんでしょ」というもの。
確かにそういうものもありますが、現状で大手ベンダーの
開発はオフショアなども多く、プログラムだけというものは
あまりありません。
そもそもプログラムを作るとしても、要件確認、設計書作成、成果物のレビューなどお客様とお話しする場面が多々あります。
そのため、コミュニケーションスキルは重要になります。
前置きはこの辺にしてIT業界の業務内容ですが、
ざっくり大きく分けると開発と保守にわかれます。
名前のとおり開発は新規作成、保守はメンテナンス。
新規作成の場合は発注するお客様のスキルも重要で運が悪いと残業時間が膨れ上がりデスマーチ、ということもあります。
後者のメンテナンスはその可能性が低いので転職では好まれる傾向にあります。
お客様の業務内容によりホスト(汎用機)メインだったりオープン系(Javaなど)必要スキルは変わりますが、契約時にある程度選択できるので初めにはっきりと希望を言えば考慮してもらえると思います。