IT業界での転職はプロジェクトの実績をアピール

IT業界は日本だけではなく世界で急激に成長しており、求人の数も非常に多くなっています。しかし専門的な知識が求められる仕事のため、誰でも挑戦出来る訳ではない特徴があります。IT業界での転職を目指すには、ブランクがあっても、少し経験が足りなくても、過去のプロジェクト経験をアピールする事で、採用を勝ち取る事が出来る可能性があります。特に過去に新たなシステム導入の経験がある、システムの大幅なアップデートの経験がある、といったプロジェクト経験を一つの経験値とし、履歴書や職務経歴書に書きアピールしてみましょう。人材が枯渇していると言われるIT業界のため、少しでも経験した事がある人であれば採用されるケースもありますし、またプロジェクトに参加出来るケースもあります。新たな場所で新たなプロジェクトを担当する事で、また一つ書類に書き込める内容が増え、次の転職にも役立てる事が出来るでしょう。今後さらに競争が激化するIT業界において、経験は非常に重要なスキルとなっていく事でしょう。

IT業界でも働き方の多様化

働き方改革や仕事の多様化などという言葉が耳に届くようになってきたものの、あまり実感が無いという方も少なくはナイト思います。当然、仕事をしなければいけないことは変わりなく、どこがどう画期的になっているのかはわかりにくいものですが実際に様々なシーンで働き方は変わってきつつあります。例えば、IT業界は働き方の多様化が一番進んでいる職業です。情報やネットを活用した職業なので勤務時間や内容も幅広く、従来の概念に縛られることも少ないことがその要素のひとつです。会社の方針や一緒に働く人達、扱う内容によってスタイルが変化するのもその特徴です。過去に勤めていた会社で上手くいかなかったことや、課題だったこともIT関連の仕事をする上では問題だと感じることも軽減されるかもしれません。より自分らしく、能力を発揮しながら働くことができる業界としても人気です。続けることで更なるスキルアップも可能ですし、携わっているジャンルに応じて資格などを検討してみても良いかもしれません。

ブランクがあっても大丈夫

私はIT業界でマネジメント職を担当しております。私は2007年に中途で今の会社へ入社しました。仕事柄、中途入社の方や協力企業の方へ採用面談を行うことも多く、今まで100人以上の希望者の面談をしてまいりました。私がまず面談の際に重要視する事は、その方が良好なコミニケーションをとることができるかどうかです。もちろん事前に職務経歴書を拝見させていただきますが、実際に会ったときに対人コミニケーションの不備で採用にならなかったことが多く、まずはその人の人柄人物像をじっくり見るように心がけています。そもそもIT業界で必要なスキルと言うものは技術スキルであり、1種の特殊技能です。そのため一般派遣等とは違い、ベースとなる給与も水準が比較的高く設定されています。特に現在は人員の確保が非常に困難になっているため、ブランクがあったとしても多少のIT業界での経験があるのであれば採用になる可能性は非常に高いと思います。

そもそも転職に不安はあるもの

IT系企業への転職に関して皆さんとても不安を感じておられる方が多くいるようです、そして自分のスキルで転職した会社に入っても通用しないのではないか、周りの人達はまるで違う人種で上手くとけこめないのではないかなどといった不安を思い巡らせる為、一歩前進ができない人がほとんどだと思います、確かに企業によってはまるでスキルが足りなくて上手くとけこめない企業も中にはあるかもしれません。

しかし、ここでよく考えてみてほしいことがあります、そもそも転職を自分がするにあたり、不安を抱かない人間なんていないということですです、人間は皆、何か新しく行動をするときには大なり小なり不安を感じていると思います。例えば、料理の経験が豊富な調理師さんがいたとします、この人が転職をして他の飲食店へ行く事になっても、いままでやった事のない仕込みや調理方が必ずあるのでやはり転職に関して同じようにとても不安を感じることと思います。なので不安なのは仕方がないことと諦めてまず一歩を踏み出すことが必要だと思います。