専門知識よりまずは人としての基本

IT業界にて働きたいと思う学生が多いのが昨今の就職状況です。会社が思っている常識と学生が考えている常識の違いが昨今問題となっています。会社側が当たり前と思われている事が出来ない学生の多い事に職場側はビックリされる事が多いと聞きます。難しい事は就職後に勉強すればいいので職場はそこまで難しい事は要求していません。しかし、基本的な事ができない学生が多いです。まずは挨拶ができない。「おはようございます」や「さようなら」などの言葉がでません。体育会系の学生が喜ばれるのはそこが普通に教育されているので問題はでにくく、就職時に喜ばれたり採用されやすくなります。就職してきてそのような基本的な礼儀ができなければ、一々そのような事を教えなければいけないという事で時間の無駄になってしまいます。スマホとコンピューターを使えるとの事で使わせてみると、自分の遊びのために使うだけで後のビジネス上の事は出来ず、文章を作成させたり、計算をさせたりしてもいつまでたってもできない人が多いのが実際です。できないのならできませんと聞けばいいのに、聞くと怒られると思っているのか聞かずにいつまでもできていないという状況。そのような基本的な部分をまずできるようにして就職や転職を考えるべきです。明るく、はきはきした清潔な子が欲しい会社がどの業界でも欲しいというのは、会社としては働き始めてから教育していけばいいと考えているからです。IT業界でも同じで、専門的な知識をもっている人も欲しいですが、そのほかの業務もあります。外回りの営業や事務仕事などもIT業界でも存在します。まずは、最低限と考えられるような礼儀や作業ができるようにしましょう。後は自分をはっきりアピールして、会社が必要とされる人間と思わせるようなプレゼンができるようにしておきましょう。できれば他の人ができないような特技を身につける事も就職に有利になります。普通の人は業界的にはあまり必要とされていませんのでご注意を。

IT業界への未経験での就職や転職でも技術だけではないという事です。

IT業界ではやる気を重視している

情報化が急激に進展している現代社会において、IT業界はまだまだ伸び盛りの業界と言えます。ですから、IT業界への転職を考えている方もいるでしょう。しかし、ITに関するスキルが低いので転職に躊躇している人もいるかもしれません。確かにIT業界で仕事をするに当たってスキルは高ければ高いほど良いと思います。応募したときに採用される確率も格段に高くなると思われます。しかし、スキルが無いと絶対に採用されないというわけではありません。やる気がある人材であれば、スキルは入社してから見につけてもらっても良いと考えている会社は結構多いものです。求人票に初心者歓迎と書いていたりしますが、あれは本当にIT業界では初心者でも採用することはあるという意味で文字通り受け取っても良いでしょう。ただし、年齢が高齢だったりすると、スキルが無いと難しいのが現実。IT初心者でも採用されるのは比較的若い人だという点は理解しておく必要があります。

IT業界に転職する際の準備と注意

若いうちに一度はIT業界で働いてみたいと考える方は多いです。特に、若い方であればIT業界は華やかな仕事というイメージを持っている人も多いですが、地道にやらなければならない仕事も多く、転職時にはしっかりと準備や専門知識を持っておく必要があります。特に、転職をするのであればプログラミングやデザインのどちらかの知識を持っていれば、内定を勝ち取れる可能性が高くなります。IT業界では、即戦力を求めている企業が多数あるため、専門的な知識や経験を持っている方は転職が行いやすいです。もし、IT業界の転職が初めてなのであれば、初心者歓迎をしている企業という方法もありますが人気のある業界でもあるため、IT業界の中で自分の仕事を生かせる仕事から就いてみることも一つの方法です。転職するのであれば、IT企業の場合は即戦力もしくは若い人を積極的に採用する傾向にあるため、働きたいと思っているのであれば、すぐに行動に移す必要があります。